人生の行方を左右するいろんな病気の治し方について

良い情報

骨肉腫について知っておくと良い情報

骨肉腫は骨に発生するがんです。小児の骨に発生するガンでは、最も頻度が高いとされています。10代の小中学生や高校生に発生しやすい病気です。症状は膝や肩の痛みがほとんどです。痛みだけで病院に行く事は少なく、腫れがおこったりして始めて受診する事が多いです。10歳から20歳代の成長期の痛みと誤解されて診断が遅れるケースが多くあります。原因は今のところ分かっていないのが骨肉腫の病気です。骨肉腫は骨の外側に腫瘍が出来るのが特徴です。発生しやすいところは、膝の関節に近い大腿骨や頚骨に多く、全体の6割から7割を占めています。次に多いのが、肩に近い上腕骨です。また骨盤や背骨などに発生する事もあります。おかしいと思ったら病院を受診する事です。

ガンになったら工夫することで改善される。

骨肉腫の初期症状は、膝や肩の周りの痛みが主になります。進行すると腫れや、関節の機能障害がおこり場合によっては骨折という状態になって、病院を受診するケースが多いです。発症年齢が10歳代という事もあり、スポーツによる痛みと誤解されやすい傾向にあります。検査はまずX線を行います。X線で異常が見られたら、MRIやCTを行います。最終的な骨肉腫の診断は、腫瘍の一部を取り出して顕微鏡で調べて確定します。治療は手術の前に化学療法を行い、その後手術をします。手術の後に化学療法を行います。これは他に転移の可能性があるため術前に、このような工夫がされた治療を行う事で、改善されるのです。骨肉腫の治療は、現在はほとんどの場合、足や腕などを失わなくてすむ、患肢温存術が行われています。骨肉腫の5年生存率は40年前までは、10〜15パーセントといわれていました。しかし現在では、様々な工夫がされた治療を行う事で、70パーセントに改善されています。