人生の行方を左右するいろんな病気の治し方について

脳の血管にコブ

お年寄りや体の弱い人に

命に関わる病のひとつとして恐れられているのが脳動脈瘤です。頭の中の血管にコブができる病気で、破裂するとクモ膜下出血という病気になってしまいます。この脳動脈瘤の治療として今注目を浴びているのがコイル塞詮術です。 以前は脳動脈瘤といえばクリッピング術が主流でした。これは全身麻酔下で頭を開け、脳の中にある脳動脈瘤の根元にクリップをかけるものです。しかしこの手術では生体に大きな影響を与えてしまうため高齢者や体の弱った人には難しい手術でした。 コイル塞栓術はというと、まず局所麻酔下で足の付け根の大きな血管からカテーテルを通します。脳のコブまでカテーテルを持っていき専用のコイルを注入、コブの中をコイルで満たすことで破裂することを防ぎます。負担がとても軽いことが特徴です。 現在コイル塞栓術は普及を始めていますが、専門の医師が必要のため一部の大きな病院でのみ行われています。

コイル塞栓術の利点は

脳動脈瘤は恐ろしい病気ですが、一度治療してしまえば再発はほとんどありません。しかし全身麻酔が必要な大手術を行う場合には、治療を受ける患者自身の健康状態もとても重要でした。特定の既往があると、手術に耐えることが難しいことから治療を断念され、根治術ではなく対症療法をするしかない場合もありました。また、脳動脈瘤がある部位によってはクリッピングをすることが難しい場合もあります。 しかしコイル塞栓術では、脳のどの血管もアプローチすることができるため、原則としてどの部位も治療することが可能です。そのため高齢者や体の弱っている人、深部に脳動脈瘤があり治療が難しい人に適した治療となっています。さらに入院期間もクリッピング術よりは短くなっているため、長期入院が困難な方にも適しているといえます。