人生の行方を左右するいろんな病気の治し方について

Preventing Cervical disc herniation

人生を左右する病気

人は生まれ、ある程度の期間を私たちがよく知るこの世で過ごし、いずれはどことも知れない場所へ去ってゆくことになりますが、この世で過ごすその時間の中で、病気にかかることがあります。人の体を構成する多数の臓器や器官のうち、ひとつがさまざまな原因から病を得てしまうのです。
たとえば、頭の中にあって、人の思惟をつかさどり、体の各所へ指令を出す働きをする脳に病魔がやどる脳動脈瘤。
骨のがんと呼ばれる骨肉腫。頚椎椎間板ヘルニア。潰瘍性大腸炎……命にかかわるような重大な病気があり、「寝てれば治る」というような軽い風邪もあります。とはいえ、最終的には、それが命にかかわる病気か、それとも寝てれば治る風邪か、その判断をするのは、病気に関しては素人である私たちではありません。
病気と向き合い、その治療を生業としているお医者さんが、その専門家として判断をつけてくれるのです。

脳に出来る脳動脈瘤、骨に出来る骨肉腫、首の頚椎を中心とした部分で出来る頚椎椎間板ヘルニア。大腸が病んでしまう潰瘍性大腸炎。
これらの病気に関しては、もちろんそれぞれ脳や骨、頚椎、大腸といった部分が治療されることになります。
それぞれの部位を専門とする病院へ行き、治してもらいましょう。基本的には、ここに挙げた病気の数々は軽いものよりかはむしろ重めのもの。しっかりと指示を聞いて、治していく必要があります。とりわけ、人類の宿痾とも言える癌とも関わりの深い物もあるので、要注意です。

とはいえ現代の病気の治し方に関しては、ただ単純に病巣を暴き出し、それを排除して完了といったものとは違う、新たな基準が設けられようとしています。それが、たとえば女性の病気として有名になった乳がん。
乳がんは、文字通り女性の乳房に出来るがんで、「がん」という名前がついていることからもわかるように、もちろんほうっておくことは出来ないものです。がんを切除し、場合によっては乳房を甚だしく失うこともあります。
現代の医療では、このとき、治療した上で乳房を「再建」するということが行われます。失われた乳房を再び再建することで、フィジカルな健康を取り戻すだけでなく、メンタル的な健康も取り戻すことが出来るのです。

このように、さまざまな考え方の上で、今、人は病気と向き合っています。

脳の血管にコブ

頭の中には脳が入っていますが、その脳の血管にコブが出来、そこから重篤な病気が引き起こされることがあります。いわゆる脳動脈瘤という病気です。脳動脈瘤は命にかかわる病気なので、しっかり向き合い、治療しましょう。

詳しくはこちら

SUB MENU

大腸の潰瘍

下痢、腹痛といった症状から、一足飛びに大腸がんへ発展してしまうこともある潰瘍性大腸炎。その症状と治し方について押さえておきましょう。最近では若い人もかかりやすい潰瘍性大腸炎だからこそ、要注意です。

詳しくはこちら

良い情報

骨肉腫は、骨に発生するがんになりますが、主に10代の子供に発生しやすい病気になります。その為、子供が少しでも体に異常を感じると訴えてきたら病院へ連れていきましょう。その為には、この病気について知っておかないといけません。

詳しくはこちら

生活の質を上げる

病巣を取り除けばそれですべてハッピーというわけにはいかないのが人の生活というもの。たとえば、乳がんの場合には治療の後で「生活の質を上げる」ことを目的に、乳房の再建する治療が行われています。

詳しくはこちら

首のヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアは、首にできるヘルニア。30代以上の人は特に頚椎付近を長時間圧迫するようなことは避けて、ヘルニアが起こらないようにしなければいけません。痛みなどこれを知らせる徴候があれば、病院へ行きましょう。

詳しくはこちら